PHOTO LIFE

秋祭り 2018 ~吹火と神楽~  


吹火と神楽_1

吹火と神楽_2

この日も神社の花火に行きました
傘火は残念だったけど 素晴らしい吹火と素朴な神楽で秋の夜長を楽しみました♪


2018.10.27撮影
7DⅡ / 16-35LⅡ
5DⅣ / 70-200LⅡ


trackback: -- | comment: 0 | edit

秋祭り 2018 ~吹火と傘火~ 


この日は4つ撮りたいものがありました
悩みに悩んで結局こちらにお邪魔しました(^^ゞ


まずはトルネード傘火から
傘火と吹火と綱火と手筒花火_1

撮った記憶ないんだけど縦構図もいい感じ

傘火と吹火と綱火と手筒花火_2

神楽と綱火は激ムズ
傘火と吹火と綱火と手筒花火_3

傘火も吹火もダメダメで。。。結局 吹火をチョイス
傘火と吹火と綱火と手筒花火_4

3.2秒の世界でございます
傘火と吹火と綱火と手筒花火_5

最後の吹火は跳ね返り狙い

傘火と吹火と綱火と手筒花火_6

そして手筒花火のサプライズ♪
傘火と吹火と綱火と手筒花火_7

神楽と綱火は去年よりはちょっとは進歩したかなとは思うんだけど
まだまだという事で来年も行っちゃうかも?



2018.10.20撮影
7DⅡ / 100-400LⅡ
5DⅣ / 70-200LⅡ, 24-70LⅡ


trackback: -- | comment: 2 | edit

オリオンと共に 


オリオン座流星群 2018

この日はオリオン座流星群の極大日
早めに着いたんだけど霧は来てないし眠くて眠くて(笑)
結局写真撮ったのは薄明が始まる前のこの時だけ
13分の世界に小っちゃな流れ星が写ってくれました♪



2018.10.21撮影
5DⅣ / SAMYANG14mm


trackback: -- | comment: 0 | edit

陽の光は輝いて 


陽の光は輝いて_1a

陽の光は輝いて_2

陽の光は輝いて_3

目が覚めたのは薄明が始まる頃
少しづつ明るくなる目の前を
霧は大河のように流れゆく
そして陽は登り
光は霧を照らし輝いた



2018.10.21撮影
5DⅣ / SAMYANG14mm, 100-400LⅡ


trackback: -- | comment: 0 | edit

日の出の時 


日の出の時_1

日の出の時_2

日の出の時_3


2018.10.18撮影
5DⅣ / 16-35LⅡ, 100-400LⅡ


trackback: -- | comment: 0 | edit

霧に埋もれゆく街を見つめながら 


霧に埋もれゆく街を見つめながら_1

霧に埋もれゆく街を見つめながら_2

霧に埋もれゆく街を見つめながら_3


2018.10.18撮影
5DⅣ / 16-35LⅡ, 100-400LⅡ, SAMYANG14mm


trackback: -- | comment: 0 | edit

牛さんと一緒 Ⅱ 


牛さんと一緒に霧の中の列車を!
牛さんと一緒Ⅱ_1

よしよし♪
って。。。

牛さんと一緒Ⅱ_2

次の便は
ええ感じでこっち向いてる♪

って。。。

牛さんと一緒Ⅱ_3

列車が思ったより大きい。。。

鉄の道は厳しゅうございます(~_~;)


2018.10.14撮影
5DⅣ / 24-70LⅡ, 70-200LⅡ


trackback: -- | comment: 0 | edit

秋霧に包まれながら 


秋霧に包まれながら

遮断機の音が聴こえる
そして深い霧の向こうから庄原行の列車がやって来た



2018.10.14撮影
5DⅣ / 100-400LⅡ


trackback: -- | comment: 0 | edit

星の夜 


星の夜

街の灯りが色とりどりな時間に目を覚ましたんだけど 眠くて眠くて。。。
この後 霧は展望台を包み込みました(-_-)



2018.10.14撮影
5DⅣ / SAMYANG14mm


trackback: -- | comment: 2 | edit

S字カーブを見つめながら 


S字カーブを見つめながら_1

S字カーブを見つめながら_2

S字カーブを見つめながら_3

S字カーブを見つめながら_4

S字カーブを見つめながら_5

S字カーブを見つめながら_6

S字カーブを見つめながら_7

この日は早めに家を出ようと思ってたんだけどついつい寝てしまい
荒谷山に着いた時には星は雲に遮られながら輝いていた
霧はS字カーブを浮かび上がらせ
沢山のカメラマンが思い思いにシャッターを押していた



2018.10.13撮影
5DⅣ / SAMYANG14mm, 100-400LⅡ


trackback: -- | comment: 0 | edit