PHOTO LIFE

長沢のしだれ桜 2016 月と星編 


満月の3日前、長沢(ながぞう)のしだれ桜に会いに行きました。

長沢のしだれ桜 2016 月と星_1
 ① F11, 1/13sec, ISO:200, 現像時 +0.5EV, WB:6400K, CP:Landscape, 30(48)mm, 18:49撮影

長沢のしだれ桜 2016 月と星_2
 ② F2.8, 0.6sec, ISO:3200, WB:3200K, CP:Landscape, 19(30.4)mm, 段階フィルター使用, 19:17撮影

長沢のしだれ桜 2016 月と星_3
 ③ F9.5, 3600sec, ISO:100, 現像時 -0.33EV, WB:3800K, CP:Landscape, 14(22.4)mm トリミング, ソフトンA使用, 22:55撮影

長沢のしだれ桜 2016 月と星_4
 ④ F4.9, 600sec, ISO:100, WB:4400K, CP:Landscape, 14(22.4)mm トリミング, ソフトンA使用, 1:54撮影

長沢のしだれ桜 2016 月と星_5
 ⑤ F4.0, 600sec, ISO:100, 現像時 +0.5EV, WB:5200K, CP:Landscape, 14(22.4)mm, ソフトンA使用, 3:53撮影

長沢のしだれ桜 2016 月と星_6
 ⑥ F2.8, 30sec, ISO:3200, 現像時 -0.33EV, WB:10000K, CP:Landscape, 14(22.4)mm, ソフトンA使用, 4:35撮影

長沢のしだれ桜 2016 月と星_7
 ⑦ F4.0, 600sec×6(比較明合成 3600sec), ISO:100, WB:4400K, CP:Landscape, 14(22.4)mm, ソフトンA使用, 3:13-4:13撮影


こちらも初訪問(^^)
ただ、いつものように寝不足 体調不良の状態で突入!
月はとっても明るく、それに対応するパワーがありません(^^;)
朝方はシャッター押して車に戻って( ˘ω˘)スヤァ
シャッター押して車に戻って( ˘ω˘)スヤァ
ほとんど撮っただけ写真となりました(^^ゞ


この日はushiさん(鞆の浦浪ロマン紀行)、ながらさんとご一緒しました。
楽しくお話しどうもありがとうございました。



撮影日:2016.04.19-20
撮影地:広島県山県郡北広島町
CANON EOS 7D MarkⅡ
 EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM ・・・ 1枚目
 EF16-35mm F2.8L Ⅱ USM ・・・ 2枚目
 SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC ・・・ 3~7枚目
Lightroom CC 2015 にてRAW現像
※上記焦点距離( )内は35mm判換算値


trackback: -- | comment: 6 | edit

雲の上から 


この日の霧は薄明が始まる前に一気に出たっけ?
1週間も前だから記憶が~(^^ゞ


薄明が始まる
稜線の上には厚そうな雲が...

雲の上からの日の出_1
 ① F3.5, 30sec, ISO:1250, WB:5200K, CP:Landscape, 10(16)mm, 4:33撮影

空は焼けず
雲の上からの日の出_2
 ② F4.0, 30sec, ISO:800, WB:6400K, CP:Landscape, 44(70.4)mm, 4:48撮影

雲の上からの日の出_3
 ③ F5.6, 0.3sec, ISO:400, WB:5200K, CP:Landscape, 38(60.8)mm, 5:16撮影

日の出は雲の上から
手前の木々には若葉が

雲の上からの日の出_4
 ④ F5.6, 1/100sec, ISO:400, 現像時 -0.5EV, WB:4500K, CP:Landscape, 24(38.4)mm, HND8使用, 段階フィルター使用, 5:51撮影

おまけ(^^)
高谷山駐車場の散りかけの桜

桜散る
 ⑤ F5.6, 1/400sec, ISO:400, WB:3900K, CP:Landscape, 400(640)mm, 6:38撮影

この日の収穫は駐車場の散りかけの桜かなあ?
来年はちゃんと桜と霧の海を狙おう!



撮影日:2016.04.15
撮影地:広島県三次市粟屋町高谷山
CANON EOS 7D MarkⅡ
 EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM ・・・ 1枚目
 EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM ・・・ 2~4枚目
 EF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USM ・・・ 5枚目
Lightroom CC 2015 にてRAW現像
※上記焦点距離( )内は35mm判換算値


trackback: -- | comment: 0 | edit

いつもそこに 


戦国の世からこの地を見守り続けている要害桜。
その向こう側を芸備線の始発列車が駆け抜けていった。


要害桜と芸備線
 F2.8 1/640sec, ISO:400, 現像時 -0.17EV, WB:5400K, CP:Landscape, 140(224)mm, 段階・円形フィルター使用, 7:00撮影 芸備線 内名~小奴可

前の晩にカタンコトンと列車の音がした。
音のする方を見ると芸備線の列車の灯り。
これは狙わなくちゃ!と始発列車を待ちました。
備後落合方面の始発列車はイマイチな構図。。。
これは新見方面への始発列車。
これももうちょっと詰めが甘いなあ(^^ゞ
ところで、要害桜と芸備線で検索してもコラボの写真はよう見つけんかった。
まあ撮っとる人はおるんじゃろうけど、ネットへは私が初めてのUP?



撮影日:2016.04.14
撮影地:広島県庄原市東城町
CANON EOS 7D MarkⅡ
 EF70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM
Lightroom CC 2015 にてRAW現像
※上記焦点距離( )内は35mm判換算値


trackback: -- | comment: 4 | edit

小奴可の要害桜 2016 曇り空の朝編 


そのまま小奴可に泊まり、朝の要害桜を。
雨は上がりましたが、空にはまだ雲が。


小奴可の要害桜 2016_4
 ① F5.6, 60sec, ISO:200, 現像時 +1EV, WB:7100K, CP:Adobe Standard, 28(44.8)mm, 5:03撮影

小奴可の要害桜 2016_5
 ② F2.8, 30sec, ISO:125, 現像時 +0.33EV, WB:7000K, CP:Adobe Standard, 59(94.4)mm, 5:08撮影

小奴可の要害桜 2016_6
 ③ F8.0, 30sec, ISO:200, WB:7000K, CP:Adobe Standard, 17(27.2)mm, 5:15撮影

小奴可の要害桜 2016_7
 ④ F2.8, 1/6sec, ISO:200, WB:6800K, CP:Adobe Standard, 70(112)mm, 5:35撮影

小奴可の要害桜 2016_8
 ⑤ F2.8, 1/50sec, ISO:400, WB:6000K, CP:Adobe Standard, 88(140.8)mm, 5:57撮影

前の日の夜、私以外には1名のカメラマン。でもこの朝は少しづつ増え、私が帰る頃には10名近くおられたでしょうか?
天気予報は曇りから晴れへ、皆さん青空と映り込み狙いみたいです。
でも私は前の晩に気付いたあの景色を!



撮影日:2016.04.14
撮影地:広島県庄原市東城町
CANON EOS 7D MarkⅡ
 EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM ・・・ 1、2枚目
 EF16-35mm F2.8L Ⅱ USM ・・・ 3枚目
 EF70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM ・・・ 4、5枚目
Lightroom CC 2015 にてRAW現像
※上記焦点距離( )内は35mm判換算値


trackback: -- | comment: 0 | edit

小奴可の要害桜 2016 雨のライトアップ編 


雨の日にしようか晴れの日にしようか悩んだ結果、雨の日を選びました。

小奴可の要害桜 2016_1
 ① F8.0, 25sec, ISO:200, 現像時 +0.83EV, WB:4000K, CP:Adobe Standard, 24(38.4)mm

小奴可の要害桜 2016_2
 ② F8.0, 30sec, ISO:400, 現像時 +1.33EV, WB:3700K, CP:Adobe Standard, 44(70.4)mm, 補正ブラシ使用

小奴可の要害桜 2016_3
 ③ F6.3, 30sec, ISO:400, WB:3700K, CP:Adobe Standard, 63(171.2)mm

なぜ雨なのかはライトアップの光芒が撮りたくって(^^ゞ
ああでも雨の夜は撮りにく~い&作った感バリバリの現像に超時間掛かってしまった(>_<)
来年は晴れの日を狙おうかな?


撮影日:2016.04.13
撮影地:広島県庄原市東城町
CANON EOS 7D MarkⅡ
 EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM
Lightroom CC 2015 にてRAW現像
※上記焦点距離( )内は35mm判換算値


trackback: -- | comment: 2 | edit